ニュースななめ読み『選択(選択出版)』『東洋経済(東洋経済新報社)』ほか

雑誌のニュース記事を読んだ感想をつらつらと書いています。

またぞろきな臭い慶應「塾長選挙」『選択』4月号(選択出版)

 大学の「選挙」といえば、山崎豊子の『白い巨塔』が有名で、私も小説、映画、ドラマ全部みた口だが、実際の選挙については噂話を聞くくらいで、ニュースを媒体で目にしたことはない気がする。

『選択』4月号(選択出版)で、慶應塾長選挙についての記事が掲載されていた。登場人物が見事に悪者揃いで、戯画的なまでに『白い巨塔』を地でいっている。

 大学の学長選に関心を抱いたのは、多分初めてだ。

『選択』4月号(選択出版)

地味に終わった「巨頭」会談『ニューズウィーク』4月18日号(CCCメディアハウス)

 おそらく、全世界の人間がこう思っただろう。トランプ大統領と習近平主席の表情がやたらと話題になったのは、よほど目立った話がなかったからだと思う。

ニューズウィーク』4月18日号(CCCメディアハウス)によれば、中国側にとって、悪い会談ではなかったようだ。とくにシリア攻撃については、またもや中東の泥沼に足を突っ込むさまを見て、「バカめ」と小躍りしたのでは、との記事もあった。

 共産党全国大会までの間、アメリカがあちこちで忙しくしてくれるのは、たしかに僥倖かもしれない。

 

ニューズウィーク』4月18日号(CCCメディアハウス)

 

〈企業研究〉JR東日本『選択』4月号(選択出版)

 今月で国鉄民営化30周年ということで、各誌ともにJR特集を組んでいる。大抵、「JR北海道と四国はやばい」だとか「JR東日本が勝ち組、東海は新幹線依存」という常識的なことを詳しく書いているようだ。

『選択』4月号(選択出版)の企業研究もJR東日本だったが、JRグループの中では一番利益を上げている一方での、お寒い実情を余すところなく暴露している。

 田町と品川の間の新駅周辺再開発についても触れていたが、確かに冷静に考えれば、区画単位での開発をやったことのないJR東がまともな街を作れるとは思えない。横浜駅周辺のような「とりあえずビルを並べました!」というものが関の山だろう。東海が隣の駅から指をさして笑いそうだ。

拡大AIIBの未来はどこへ『ニューズウィーク』4/11号(CCCメディアハウス)

 アジアインフラ投資銀行(AIIB)について、誕生のときは騒がれたが、どうも続報をあまり目にしない。大失敗なら日本のマスコミは大喜びで報じるだろうし、まずまずなのだろうと思っていた。

ニューズウィーク』4/11号(CCCメディアハウス)によると、加盟国は引き続き拡大しているものの単独融資案件は少なく、「まだまだ」といったところのようだ。

 できてから2年目なので「そりゃそうだろう」という話で、あまり面白くはなかったが、「なるほど」とは感じた。来年あたり、また続報が知りたい。

予備自衛官――人手不足「国防衰退」の恐るべき現実『選択』4月号(選択出版)

 以前、「陸上自衛隊下士官の比率が高いため、有事に兵卒を動員するだけで迅速に部隊編成が可能」という話を聞いたことがある。

 問題はその兵卒をどこから調達するかだが、『選択』4月号(選択出版)の連載「日本のサンクチュアリ」によると、東日本大震災での予備自衛官(現有3万人)の出動率は、0.4%らしい。話にならないどころの騒ぎではない。

 この原因については、防衛省自衛隊の怠慢ともいえない事情があるようだが、それにしても、これでは不安があまりにも大きい。

 ところで、中学・高校の授業に、今年から銃剣道が追加されたらしい。まさか、鉄血勤皇隊をやるつもりでもあるまいが。

『選択』4月号(選択出版)

タフガイのプーチンが北極圏の「縄張り」を視察『ニューズウィーク』4/11号(CCCメディアハウス)

ニューズウィーク』4/11号(CCCメディアハウス)に、氷河を歩むプーチンの写真が、見開き一面で掲載されていた。

 写真の意図はニューズウィークの題のとおりだろうが、なんだか歴史画じみていて、「虎退治」などの逸話が伝わるプーチン大統領らしい。

 

ニューズウィーク』4/11号(CCCメディアハウス)

米軍「北朝鮮先制攻撃」のシナリオ『選択』4月号(選択出版)

 これまでにないペースでミサイル実験を繰り返す北朝鮮に対し、米国が先制攻撃を真剣に検討し始めたと、『選択』4月号(選択出版)が報じた。

 イラク戦争のときは「フセインがやられたのは、大量破壊兵器を持っていなかったから」と皮肉られていた。ところが、いよいよ北朝鮮が本当に米本土反撃能力を整え始めたのを見て、我慢できなくなっているようだ。

 記事でも指摘している通り、今、アメリカが攻撃したところで、日本はもとより、韓国・ソウルが火の海になる事は必定、「戦略的忍耐」によって既に機は逸した感が強い。かといえ、放置すれば事態は悪化するばかり。処置なし。