読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポピュリスト大研究『ニューズウィーク』3/14号(CCCメディアハウス)

 今秋発売の『ニューズウィーク』3/14号(CCCメディアハウス)は、世界ポピュリスト図鑑になっている。「ポピュリスト」は国情をや政治制度を強く反映しているので、それぞれを見ていくだけでも面白い。
 ルペンは「イスラムの脅威からリベラルな社会的権利を守る」ことを目的としており、既存秩序を敵としたトランプとは、相当方向性を異にする。仏国は共和主義的価値観が強いのに加え、2回投票制のため、あまり敵を作ると、決選投票で勝てないという。
 総選挙を来週に控えるオランダのウィルダースは、過激な物言いを売りとし、第一党は獲得できそうだが、過半数確保は困難との見立てだ。
 日本もポピュリストが政権を奪取するのは難しい制度設計だが、大阪での自民党没落や、東京の状況を見るに、案外安倍首相のあとに群雄割拠の時代が到来し、ポピュリズムが流行するやも知れない。

ニューズウィーク』3/14号(CCCメディアハウス)