次期「左派大統領」が進む道『ニューズウィーク』3/11号(CCCメディアハウス)

 5月までには大統領選が実施されることになっている韓国だが、次の大統領は大変だろう。内は政財関係の清算、外は日中両国と険悪な関係にあり、どこから手を付けるのか。
 次の大統領が左派になるのは間違いないとして、それにしても、事態を悪化させそうな発言ばかりしている。ところが、『ニューズウィーク』3/11号(CCCメディアハウス)によれば、そこまで心配する必要もないと見ている。
「自身の望みどおりに振る舞うだけの自由はな」く、日本との対立を避けつつ、THAADは配備するだろうと。
 確かにそれが常識的な判断だろうが、実際の事は常識的に運ぶと限らない。

ニューズウィーク』3/11号(CCCメディアハウス)