読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キヤノンとニコン『選択』2月号・4月号(選択出版)

 一昨年、「日本製炊飯器が中国で大人気」と話題になったが、炊飯器の世界シェアは中国メーカーが相当優位にあるらしい。要は中国市場を押えれば世界市場をとったようなものなので、考えてみれば当たり前だ。白物家電は中国メーカーでも作れる。

 一方、カメラと言えば、これはもう日本企業の独壇場、中でもプロカメラマンが使用する一眼レフに至っては、キヤノンニコン以外は「ない」と言っても過言ではない。

 月刊情報誌『選択』(選択出版)2月号でキヤノン、4月号でニコンと、このカメラ二大メーカーが取り上げられていた。

 キヤノン記事の副題は、「主力事業『総崩れ』に無策の経営」、ニコンのタイトルが「名門ニコンのはかなき『余命』」、副題は「三菱グループ製造業でまた『落伍者』」だった。

 企業関係記事は辛口なものが多い『選択』(選択出版)だが、それにしても穏やかではない。

 コンデジレーザープリンタ市場の急速な縮小、というのは両社の経営環境の前提として簡単に触れた上で、それに代わる事業についての分析に、記事の多くを割いている。

 キヤノンは宇宙事業の出だしでつまづき、医療関連事業は「未知数」。ニコンは、詳細を省くがどれもダメ、「買収されるか東芝になるか」と、一刀両断だ。

 キヤノンはまだしも、ニコンはどうやら数年以内に中国、或いは台湾企業になるようだ。そうなれば、中国でのシェア拡大が見込め、復活しそうな気はする。日本メーカーが減るのは残念至極だが、社員の事を考えれば、いっそ買収された方がいいのではないか。

 華為のスマホカメラがライカ・ライセンスになったので、富士通・シャープとは競合関係にあるので難しそうだが、日本スマホも「キヤノン」か「ニコン」ライセンスのカメラを採用しないものかと思っていた。これはもしかすると、シャープ製スマホニコンのカメラが載るかも知れない。

 

『選択』2月号(選択出版)〈企業研究〉キヤノン

『選択』4月号(選択出版)名門ニコンのはかなき「余命」