あまりにもドン臭い「電子マネー」論議『週刊ダイヤモンド』6/24号(ダイヤモンド社)『選択』6月号(選択出版)

週刊ダイヤモンド』6/24号(ダイヤモンド社)によれば、米国クレジットカード大手のVISAが、VISAブランドのクレジットカードに、VISAの電子マネーを搭載するよう、求めているらしい。
 対する国内勢は、イオン、セブンなどが相互乗り入れや器機の共有化について、水面下で日本連合を模索、これを迎え撃たんとしているとか。
『選択』6月号(選択出版)によれば、中国ではアリババの電子決済アプリ「支付宝」が爆発的に普及、読み取り端末不用なことから「使えない店を見つける方が難しい」状況で、キャッシュカードは「時代遅れの恐竜」扱い、銀行支店が次々と閉鎖されているという。
 なんと言おうか、既に石油燃料機関への置き換えが始まっているのに、石炭燃料機関の規格を一生懸命争っているようで、滑稽この上ない。ビザは「東京五輪までにペイウェーブを日本で普及させたい」そうだが、その頃にはまとめて絶滅しているのではないか。

 

週刊ダイヤモンド』6/24号(ダイヤモンド社

『選択』6月号(選択出版)