ニュースななめ読み『選択(選択出版)』『東洋経済(東洋経済新報社)』ほか

雑誌のニュース記事を読んだ感想をつらつらと書いています。

全面崩壊に向かうトランプ外交『選択』7月号(選択出版)

 トランプ大統領の就任から、早いもので半年が過ぎた。支持率は戦後最低水準にあるらしいが、急進的な政策に対する反発、というわけでもなく、公約の実現すら停頓しているというのだから、処置なしのようだ。
 欧米で騒がれた移民の取り扱いやらについて、私はあまり興味がない。日本人の多くがそうだと思う。アメリカのことなのだから、不法滞在者を追い出そうが受け入れようが、アメリカの国内法にもとづいて粛々とやればよろしい。
 そうはいかないのが、外交問題である。『選択』7月号(選択出版)にトランプ外交関係の記事が2本掲載されていた。
 ひとつは、「日本は米国の『裏切り』に備えよ」という記事。
「『一帯一路』がらみで勢いづいている中国主導の国々に対して、米国が主導してきた国々には一体何事が起きてしまったのだろうか。情緒的表現の使用が許されれば、覇気のようなものが失せてしまったのではないか」と嘆く先には、TPPに続きパリ協定脱退をぶちあげ、メルケル首相がトランプ大統領と距離を置くなど、太平洋・大西洋両方面で米国が後退している事実がある。
「トランプ外交『自滅』への道」という記事では、中東やインドにも触れられていた。
 サウジは言うに及ばず、カタールも米軍が基地を置く同盟国の一つであり、米国にとって今回の断交騒ぎは、同盟国同士の内輪もめに他ならない。にもかかわらず、トランプ大統領はツイッターで、あろうことかカタール批判を展開、米・国務省は火消しに躍起となった。どうやら背景では、胡散臭い側近が糸を引いているらしい。
 インドは「ディール」好きのトランプ大統領と交渉するにあたり、「では米国は何をくれて、インドは何を提供するのか」と悩んだ結果、よくわからないのでロシアに接近することにした。
 北東アジアへのコミットも、習近平主席との会談中、シリアをミサイル攻撃したのがハッタリだと見透かされたようで、どうも舐められてきている。韓国は文在寅が中国寄りなので、話にならない。
記事中にある、「安保・防衛の事務レベルではともかく、首脳級で『日米印豪』の同盟を真剣に考えているのは、安倍首相だけだろう」との指摘がなんとも恐ろしい。


日本は米国の「裏切り」に備えよ『選択』7月号(選択出版)
トランプ外交「自滅」への道『選択』7月号(選択出版)