ニュースななめ読み『選択(選択出版)』『東洋経済(東洋経済新報社)』ほか

雑誌のニュース記事を読んだ感想をつらつらと書いています。

インド経済は何故中国を越えられないのか『選択』8月号(選択出版)

「中国の次は」と言われ続ける大人口国のインドだが、「世界経済のネタ帳」にあったグラフを見ると、名目GDPでの引き離されっぷりは、もはや話にならない。「ライバル」というのも恥ずかしいだろう。

f:id:ayaya030915:20170802114034p:plain

 インドが経済の対外開放を開始したのは90年代前半、ちょうど中国で改革開放が本格的に始まったのと時期を一にしているはずだが、インドはここ二十年余の間、なにをしていたのか。どうすればここまで差がつくのか。

『選択』8月号(選択出版)に、そのものズバリ「インド経済は中国を越えられない」というストレートな記事が掲載されていた。

 なんでもインドはこの度「GST」なる税制改革に乗り出したらしい。従来、州によって税率が異なり、商品が州を跨ぐには税関で「入州税」を納付する必要があったのだという。是非とも改革すべき、というよりもむしろ、よくも今まで続けていたものだと呆れてしまう。

 製造業が発展しないことには底上げがなされないが、中国を追いかけるどころか、東南アジア諸国の猛追を受けている有様だという。IT産業さえ、「脱インド」の兆しがあるのだとか。

「中国を追い抜く」要素は生産年齢人口以外、本当に何もないようで驚いた

 

インド経済は中国を越えられない『選択』8月号(選択出版)