ニュースななめ読み『選択(選択出版)』『東洋経済(東洋経済新報社)』ほか

雑誌のニュース記事を読んだ感想をつらつらと書いています。

仮想通貨に群がる悪意『AERA』17年12月11日号(朝日新聞出版)

 コンピューターウイルスと言えば、メールやサイトなどからウイルスが侵入し、情報を盗まれるというマルウェアというイメージが強かった。「トロイの木馬」辺りは、コンピューターウイルスに詳しく無くても知っていたし、ウイルス対策ソフトを入れ、怪しいサイトや添付ファイルは開かない、というのが鉄則だった。ただ、感染しても勝手に情報を送られているので、被害に気づくまで時間がかかった。
 記事によると、最近は「ワナクライ」のようなランサムウェアが広まっており、今年の調査では、アンケートをとった企業の内4分の1が被害にあい、さらにその6割が支払いに応じていたという。この犯罪の特徴は、パソコンを使用できなくし、本人に直接金銭を要求することだ。特に企業の場合、業務に差し支えることから支払いを選ぶようで、今後も被害は増えていきそうだ。
 ビットコインの普及で追跡が難しくなっていることも背景にあるようだが、犯罪者ほど新しい、便利な技術を導入するのが早く、規制や対策は後手に回るのだとしみじみと感じた。

 

AERA』17年12月11日号(朝日新聞出版)