ニュースななめ読み『選択(選択出版)』『東洋経済(東洋経済新報社)』ほか

雑誌のニュース記事を読んだ感想をつらつらと書いています。

米軍全体が過労状態『AERA』18年1月15日号(朝日新聞出版)

 新年早々、沖縄では米軍ヘリが不時着するというニュースが続いた。昨年は、以前から危険性が指摘されていたオスプレイに限らず、米軍ヘリの不時着や部品落下などのニュースが相次いでいたし、秋頃には海軍の船の衝突事故も複数起きていた。とにかく、米軍の事故が増えたという印象があった。
『AERA』1月15日号によると、2017年に発生した米軍機の重大事故は24件、損害額は600億円近いという。さらに、過去三年間に戦闘によって死亡した米軍人は44人なのに対し、訓練中には185人も死亡しているとか。
 事故増加の原因として指摘されていたのは、米軍全体が過労状態にあることだった。オバマ政権下で国防費を削減したことで、訓練や人員が減り、整備費用も圧縮された。しかし世界情勢の緊張度は増し、例えば北朝鮮問題を巡っては出動回数が増えている。結果として、兵士や機体への負担が増し、過労状態になっているという。
 トランプ大統領武力行使をちらつかせているが、このような状況で軍事行動を起こしたがるとは…。急いで軍事費を増やした所で、訓練や人員不足はそう簡単には解消しないだろうし、武力行使に出るのは自殺行為だとしか思えない。

『AERA』18年1月15日号(朝日新聞出版)