ニュースななめ読み『選択(選択出版)』『東洋経済(東洋経済新報社)』ほか

雑誌のニュース記事を読んだ感想をつらつらと書いています。

福田次官報道事実否認について「週刊新潮」4月19日号(新潮社)

週刊新潮」4月19日号(新潮社)で女性記者へのセクハラが報じられた福田淳一外務事務次官だが、どうやら報道事実を否認して、裁判に持ち込むらしい。更迭と報じた産経は下手をうったことになるが、実際、辞めないとは思わなかった。記事内容が事実かどうかは知らないが、記事を読んだところ、これはどうもリアリティがありすぎるというのが、個人的な感想。

記者 福田さんは引責辞任はないですよね?

福田 もちろんやめないよ。だから浮気しようね。

 こんな下らないセクハラの創作、なかなかやろうとしても出来るものではあるまい。「ボイスレコーダーで都合よく録音していたのは怪しい」などという意見もあるようだが、記者が録音しているのは当たり前だろう。

 それにしても、財務省が大揺れの時期に、こんなしょうもないことで次官の首が危うくなるとは、もはや言葉が出ない。さすがに恥ずかしすぎるので「お辞めになっては」と思うのだが、報道事実否認と訴訟は、もしかすると後任人事が組めない関係での時間稼ぎなのだろうか。

 さらに加えて、セクハラ発言を受けた女性記者へ財務省が情報提供を呼びかけたのも、常軌を逸していると言わざるを得ない。もはや、何をやっているのか分かっていないのではないか。組織として、本当に末期なのだろう。

 

週刊新潮」4月19日号(新潮社)