ニュースななめ読み『選択(選択出版)』『東洋経済(東洋経済新報社)』ほか

雑誌のニュース記事を読んだ感想をつらつらと書いています。

小池百合子「虚飾の履歴書」(文藝春秋7月号)

最近ではダントツで面白い調査報道記事であった。

「小池百合子さんはカイロ大学を卒業していません」と元同居女性が証言 | 文春オンライン

小池百合子の学歴が「カイロ大学首席卒業」なのかどうか。この疑惑を追及する雑誌記事などは、今までにも数多あった。この文藝春秋の記事は、その決定版といってよい。

なにせ、小池のカイロ時代、その一部始終を熟知するアパートの同居人女性が、取材に全面協力しているのだから。おそらくこの女性以上の証言者はいないだろう。

 

記事はとても抑制的であり、つとめてスキャンダラスな書きぶりを慎んでいる。が、行間から伝わってくるのは、小池が女を武器にして、様々なコネや便宜を得ていたのだな、ということだ。カイロ大学には、エジプト情報相のコネで、しかも2年次に編入。アパートには「日本の商社から派遣された語学研修性、新聞記者や大使館員、政府関係者、民間企業の駐在員」のような、日本人の男性たちが次々と訪れてきたという。「彼らは皆、小池に会いにやってくる」のであり、「男性たちが心を奪われて」いったのだそうだ。ただでさえ習得が難しいとされるアラビア語の勉学は、そっちのけだったようだ。

留学先で日本人とばかり交わる学生は、決して少なくない。が、その種の学生が、一国を代表する大学を首席で卒業するのは、おそらくありえないことだろう。小池はしかし、カイロ大学を(2年次に編入したのに!)4年で卒業、成績は1位、首席だったと、自著などで記している。

カイロから一時帰国して、来日したサダト大統領夫人のアテンド係を務めた小池は、時の人となってメディアでもてはやされたという。彼女を取り上げた記事には、「カイロ大学を卒業した小池百合子さん」とあって、ルームメイトの女性は驚いたという。「そういうことにしちゃったの?」との問いかけに、「うん」と答えた小池は、ケロッとしていたそうだ。嘘なんて朝飯前よ、と言われれば、彼女のこれまでの政治家としての歩みと、なるほど符合するので合点がいく。

 

女を武器にしながら、時に嘘も方便で、なんとしてでものし上がっていこうとする姿には、好感は全く持てないが、真似できない凄みは感じる。この記事は、良く書けた人間ドキュメンタリーである。